リフォーム/リノベーション

2010年2月 8日 (月)

青い風呂場の青い窓

夕暮れ時に湯船に浸かっていたら、窓の外が青く見えました。

Dscf1088

日中は白っぽいのですが、夕方~日暮れの時間帯はこうなるようです(たぶん青いタイルの反射も関係しているとか?)。

2010年2月 2日 (火)

小遣い稼ぎ

リフォーム会社を選ぶ際に利用したホームプロから、サービス評価の謝礼として図書カードが送られてきました。本は買わないことにしているのですが、まぁ、例外ということで、雑誌でも買おうかと。

Dscf1075

キッコロはSUUMOのキャンペーンで。自分で応募しておきながら、もらっても困るタイプのものなので、実家の猫のおもちゃにでもします。

2009年12月20日 (日)

キッチンの大きさ

料理を作ると言っても、会社から帰って、さっと1、2品簡単なものを作る程度なのですが、常々うちの青いキッチンは狭いなと感じています。

幅155cmでコンロ(2口)とシンクを除くと、調理スペースは30cm×60cmのみ。リフォームでキッチンの場所を動かすと予算がかさむので、選択肢はこれしかなかったのですが、基本的に実家(L字なうえに無駄に大きい)と留学時代の共同キッチン(6人用のフラットだったので、かなり広々)でしか料理を作ったことがないので、この狭さになかなか慣れません。

今日は友人が来てくれたので、ランチを作ったのですが、これだけ作るのにけっこうてんてこ舞いでした。

Dscf0893

早く慣れて、ちゃきちゃき料理ができるようになりたいです。

2009年12月10日 (木)

リフォームのここを反省

各部素材を含め、リフォームに関しては自分で決定を下したので、激しく後悔する点はあまり無いのですが、いくつか反省点はあります。

風呂場のタイル: 2色使いにしたものの、思ったよりもコントラストが甘かった。洗面所のタイルのように、モザイクタイルにしても面白かったかも。

・玄関収納: 以前は茶色い下駄箱と白い天井までの収納がチグハグに並んでいたため、同じ白木のものに揃えて新調したのですが、下駄箱の中に傘を収納できる仕様にすればよかったです。そんなに靴がいっぱいってわけではないですし。

Dscf0602

・フローリングの色: もう一段階暗くてもよかったかもしれません。日当たりがよいので、昼間は特に白っぽく見えます。

1

ただ、全体的には緑色のトイレのドアとか、洗面所の青いモザイクタイルとか、好きな色に囲まれて暮らすのは良いものです。

2009年12月 8日 (火)

壊せる壁は壊す

壁式構造のマンションなので、間取りの変更は不可能でした。

ただ、極力見通しがよく、すっきりした室内にしたかったので、壊せる部分は撤去しました。

和室の入り口付近には天袋のラインに合わせて吊り壁があったのですが、これを撤去しました。壁紙を白くした効果もあり、明るくすっきりした印象になりました。

Dscf0413 before

Dscf0615 after

キッチン横のドアは昭和風のガラスのはめ込まれた白いドアがありましたが、これも撤去。ついでにドアの上の吊り壁も撤去したら、トイレと洗面所のドアが見えて良い感じです。

Dscf0453 before

Dscf0592 after

DKと洋室の間の引き戸も撤去。最初は冷暖房の効率を考えて、アクリル製の透過性の高い引き戸にしようかと思いましたが、予算と見栄えを考えて撤去しました。どうしても冷暖房効率を上げたくなったら、つっぱり棒+カーテンでブロックします。

Dscf0409 before

Dscf0597 after

2009年12月 7日 (月)

青い台所

もともとの台所は黄緑に紫という、かなり難易度の高い配色でした。

Ki before

IKEAのシステムキッチンも考えましたが、巾155cmという狭さもあり、工事費を考えると国産品のほうが安い(工務店経由だと半額近くになる)と判断し、クリナップのものにしました。

特にメーカーにこだわりはなく、見た目と収納力(足元に引き出しがある)と色で選びました。

Dscf0594 after

Dscf0592 after

さすがに調理スペースが狭いなという感じですが、色は落ち着いていて良いです。

2009年12月 6日 (日)

緑のトイレ

洗面所と風呂場は青ですが、トイレは緑々しい仕上がりになりました。

Dscf0433_2 before

ドアは洗面所と同様に自動車の塗装技術で塗ってもらい、壁紙も洗面所の壁紙と色違いです。

便器は壊れていなかったので再利用しましたが、中の配管的なものは15000円程で交換できるとのことだったので、交換してもらいました。

Dscf0599 after

2009年12月 5日 (土)

もっと青い風呂場

もともと風呂場は下半分がユニットバス、壁の上半分が水色に模様入りのタイル貼でした。

Dscf0434 before

一部タイルが剥がれていたこともあり、リフォームを考えましたが、斜め天井の部分があるせいで既存のユニットバスは入らず、また、下部分のみ交換しても仕様的に変わらないとのことでした。

予算も考慮し、今回は、タイル貼替え、天井パネル、換気扇、ドア、網戸、水栓、給湯器の交換を行いました。

タイルは色見本を見て、濃い青と薄い青の2色使いで、両方ともちょっとくすんだ色、だいたい5cm角、という希望を伝え、探してもらいました。

Dscf0606 after

Dscf0607 after

思ったよりも色のコントラストが出なかった点と、カビが目立たないように目地をグレーにしたら予想以上に暗い色だった点がちょっと失敗だったかもと思いますが、実際使ってみると青々しくて良い感じです。

2009年12月 4日 (金)

青い洗面所

以前は全うに昭和な洗面化粧台セットが置かれていた洗面所は、真っ青にしました。

Dscf0435 before

ドアは自動車塗装のテクニックを使って塗ってもらいました(色見本を使ってペンキの色を指定したり、楽しかったです)。

Dscf0604 after

洗面台は当初IKEAのコンパクトなものを導入する予定でしたが、まさかの事態に陥ったため、ミラーキャビネット(6000円ぐらい)のみIKEA、下部はINAXです。

Dscf0739 after

このINAXの洗面台はオプションでステンレスの混合レバー水栓が選べないため、白いシングルレバー仕様のものを買って、別に購入した水栓を付け替えました。差額は数千円ですし、見た目的にステンレスのほうが良いです。

色調は違えど、壁紙もタイルも青いので、海っぽい洗面所になりました。

2009年12月 3日 (木)

竹久夢二な部屋

もともと、和室のドアは和風ドアというか、内側が押入れと同じ柄の襖紙、外側は周囲の壁紙と同じ紙(白色無地)が貼られていました。

Dscf0413 before

ドア自体は多少くたってはいるものの、立て付けは問題無さそうだったため、裏表の紙の張替えのみをお願いしました。

まずは、和室内の襖紙を決めて、それと同じ柄をドアの内側に貼ろうと思ったのですが、そもそも気に入る襖紙が無い・・・実家の和室はオリーブグリーンと白の市松模様なのですが、そういうのは廉価品では無いようです。

リフォーム担当の工務店に「壁紙を襖紙に利用できるか」と聞いたところ、たぶん大丈夫とのことだったので、多少の追加料金はかかりますが、壁紙を利用することに。

リリカラとサンゲツのカタログを片っ端から見て、柄物で、ちょっと和風で、でもモダンなものを探したところ、リリカラに竹久夢二デザインの楽譜の表紙のパターンを使った商品があったので、これに決定。押入れとドアの内側は緑、ドアの外側(キッチンに通じている)は青の同柄に。

Dscf0612 after

Dscf0595_2 after