« 代官山の別世界 | トップページ | さよならオリーブグリーン »

2010年12月18日 (土)

駒込の別世界

朝倉邸に続き、旧古河庭園の屋敷に行ってきました。

ジョサイア・コンドルの設計で、古河財閥の屋敷・迎賓施設だったそうです。

Rimg0004

内部見学は案内ツアーでのみ可能とのことで、一応事前申し込みをしておきました(内部撮影は不可)。

この屋敷は戦後30年ほど放置されていて、修復が始まる前はツタがかたまり、ガラスは割れ、悲惨な状態だったそうですが、装飾された天井や暖炉等は、往時のまま残っていたそうです。略奪や破壊が起こらなかった日本人のモラルに若干感動です。

屋敷内はやり過ぎない欧風という感じで、イギリスの屋敷のこってりとしたインテリアにうんざりするのに比べると、潔い具合でした。

内部に和室が巧みに取り込まれていたり、五右衛門風呂のようなバスタブ(大理石製・・・)があったり、飾り扉があったり、ガイドさんの説明のおかげもありだいぶ楽しめました。

Rimg0006

庭園は和と洋が混じっているものの、建物からは洋の部分しか見えないように設計されているそうです。

« 代官山の別世界 | トップページ | さよならオリーブグリーン »

都内の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514574/40113141

この記事へのトラックバック一覧です: 駒込の別世界:

« 代官山の別世界 | トップページ | さよならオリーブグリーン »