« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

2回目の繰上げ返済

今年3月に続き、繰上げ返済の手続きを行いました。

ネット口座経由での手続きができず、支店が家からもオフィスからも遠いので、半休をとってわざわざ銀行へ。

ちょこちょこと繰上げ返済するのは面倒な部分もありますが、変動金利の安いうちに無理なく残高を減らしたいという気持ちもあり、しばらくはある程度お金が貯まったら繰り上げ返済に回そうかと思っています。

借り入れ当初の返済期間から、5年程短縮できています。

っていっても完済はまだまだ先なんですが・・・

2010年7月13日 (火)

最寄駅の好み

自分が家探しをするときはあまり気にしていなかったのですが、最近ふと気付いたのが、東京の地下鉄は千差万別だなということです。

うちの最寄り駅は非常に浅いところにあり、ホームから段差なく改札が直結しており、改札を出て3メートルほどでエスカレーター、エスカレーターを15秒ほどで地上、というかなりコンパクトな構造です。乗る車両を選べば電車の扉が開いてから地上に出るまで1分もかかりません。

電車の本数はラッシュ時は2、3分、他の時間帯も5分毎には来るので、電車を待つという感覚があまりありません。

これをデフォルトとして感じるようになると、他の路線・駅によってはけっこう時間的ロスが大きいなぁと思うようになりました。地下鉄なのに10分近く待たされるとか、地上に出るまでに延々とエスカレーターに乗るとか。

また、うちの最寄り駅は地上出口が2カ所しかなく、2カ所とも地上出口を出て30秒ほど歩けば住宅街、という混雑とは無縁のエリアなのですが、これも駅によっては商店街やらバスターミナルやらがあって人混みをかきわけるのが大変なのかな思います。

駅前に繁華街があると便利なこともありますけど、うちの場合は駅と家の間に行きつけのスーパーがあるのでそんなに困っていません。通勤に使う最寄駅ではないけれど徒歩10分強で行ける駅の周辺はそれなりに繁華街なので、週末はそちらを利用することもあります。

駅までの道筋(住宅街)を含め、実は今の通勤経路はかなりストレス負荷が小さいんじゃないかと思ったりします。

2010年7月12日 (月)

モデルルームに初潜入

知り合いが新築マンションのモデルルームを見に行くと言うので、付いて行ってみました。

都心の人気のあるエリアのマンションで、40平米~70平米程度の部屋が中心の、財閥系不動産会社の物件でした。

自分が家を探しているときは中古ばかり見ていたので、モデルルーム初体験です。

それなりに高級感のあるイメージのマンションブランドだったので楽しみに行ったのですが、びっくりするほどがっかりな内容でした。

モデルルームは65平米程度の部屋なのですが、梁がものすごく出ていて(極端に言えば部屋の四辺に出ているぐらいのイメージ)、たぶん一番天井が高い部分はそれなりの高さはあるんでしょうけど、圧迫感が強烈でした。そんな部屋なのに部屋のインテリアコーディネートや内装は重厚な感じで、余計に窮屈です。こういう場合、北欧風かせめて無印良品風のコーディネートのほうが、すっきりすると思うのですが。

販売員によると「都心は土地が貴重なので、基本的に梁は外に出せず、中に出る」とか「都心暮らしをするディンクスやシングル向けの物件で、そういう人にふさわしい高級感のある内装だ」とか言うのですが、エリアのネームバリューだけで買う人の虚栄心をくすぐる感じなのかなと思いました。

自分の生まれ育ったのが低層の公団(梁無し)で、今の家が壁構造なこともあり、2010年に販売される有名なマンションブランドの部屋で梁がボコボコ出ている事実が、個人的には衝撃的でした。

また、一辺の窓を開けられない(立地上ビルが近接)構造になっているのですが、これも販売員に言わせると「都心では当たり前。24時間換気システムがあるので窓は開ける必要ないんです」だそうです。都心でも窓を開けて換気できるマンションなんていくらでもあるのに・・・

他にも販売員の受け答えが若干上から目線だったこともあり、何だか後味の悪いモデルルームデビューでした。。。しかし、新築マンションは高いです。

2010年7月11日 (日)

IKEAパトロール

テレビでIKEAのセールのCMを見たこともあり、特に必要なものがあるわけでもないのにIKEAに行ってきました。家から近いわけでもないのですが、何ていうか、パトロールというかルーティーンというか。

東京で平日働いていて、家がIKEAから遠い場合、人混みを避けてIKEAに行こうとすると、平日の夜がベストな選択肢だと思います。土日は開店の段階でも人がけっこういたりするし、そもそも土日の朝から船橋とか横浜に行く気力が・・・(新三郷は完全に遠いので無理です)。

そんなわけで、仕事帰りにIKEA南船橋へ。相変わらず京葉線の乗り継ぎと東京駅の構造に辟易しましたが、目ぼしい新商品が無くてもIKEAの定点観測は楽しいです。

今回は小物しか買いませんでした。木のハンガーがアウトレットで8本250円だったので、16本購入しました。これまでは、クリーニング屋や実家からかき集めた針金ハンガーと黒いプラスチックのハンガーで凌いでいたのですが、これを機に若干服に優しい生活が送れそうです。

Dscf1643

ちなみに、アウトレットの理由はこの赤いスタンプの跡のようですが、気にしません。

Dscf1644

それから、IKEAのロングセラーの水差しも買いました。

Dscf1648

この水差しは、うちには大きすぎるし、いかにもな感じなので(北欧のインテリア本を見るとよく出てくる)、これまではスキップしていたのですが、色が我が家のテーマに合致するので思わず購入してしまいました。ちなみにかなり似たデザインのポップな色合いの水差しがダイソーにも売ってます。

使ってみたら思ったよりも大容量で、使い勝手は良いです。

2010年7月10日 (土)

アボカド発芽

先日うっかり生きていたことが判明したアボカドですが、水栽培ののち土に埋め、無事発芽しました。

Dscf1646

アボカドはけっこう種から発芽する確率が高く、冬に部屋に入れないといけない点を除けば、リーズナブルな観葉植物になりそうです。大きめの葉をつけるようです。

調子に乗ってもう一粒鉢に埋めてみました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »